ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

ふじランドに出店しました

白山市のふじ保育園さんの中にある
「子育て支援ひろば ふじランド」
木のぬくもりがいっぱいの、すてきな場所です。

そこでは、お母さんとベビーちゃん達向けの
すご~くすてきなイベントを時々開催していて
私もご縁を頂いて、時々出店しています。
d0272251_16473335.jpg
鶴来・常四鍼灸院の鍼灸師さんでもある葵ちゃんが
ママたちにお手当てのツボを教えてくれました。
旅カフェで、葵ちゃんとコラボで出店させて頂くのは
これで3回目。
毎回、葵ちゃんからお手当てのツボを教えてもらって
我が家でも、夜寝る前に息子とお灸を楽しんでいます。
お灸も気持ちいいけど、こどもと触れ合える時間を持てるのが
何よりも楽しいひとときなんです!

さて、ママたちのお灸タイムの後は
旅カフェドリンクでほっこりして頂きました。
d0272251_16493544.jpg
フェアトレードのバランゴンバナナと豆乳
そして自然塩のみで作ります。
甘くて、おいしくて、元気がでる「バナナスムージー」

前回に引き続き、ママたちに
「やさしいけんぽうのおはなし」
をさせて頂きました。

法律家でも憲法学者でもない
ただの主婦である私が、皆さんに憲法の話をさせて頂くなんて
とってもえらそうに聞こえてしまいますが
私がこどもに残したい「安心して暮らせる社会」と
安倍さんたちが変えようとしている憲法の内容が
あまりにもかけ離れていて
とっても危機感を感じます。

いのちの重みを、より強く感じているママたちにこそ
聞いてほしいなぁと思い
ふじランドのとも先生にお願いして
こうしてお話の機会を頂戴しました。
d0272251_16475905.jpg
国を「家」に例えるなら
憲法は「柱」のようなもの。
というお話をさせて頂きました。

それから、憲法13条のおさらい。
13条「すべて国民は個人として尊重される」
これは、本当にすばらしくて
わたしはわたし、あなたはあなた
みんなちがって、みんないい
というメッセージがたくさん込められていて
ああ、こんな私でも生きていていいんだなぁ
とじんわり胸が熱くなりました。
これって、ものすごい「自己肯定」ですよね。
それを憲法が保障してくれているんだから
こんなにすばらしいものを、変えてはいけないはずです。

自民党の改憲草案では「個人の尊厳」の「個」が取れて
「人として尊重される」に変わっていますが
それが何を意味するのか
もっと想像力を働かせて、みんなで考えていきたいところです。

[PR]
by tabicafecom | 2018-07-31 17:08 | 出店風景 | Comments(0)
<< 熱中症? ユン・ポンギルさんのお孫さんと再会 >>