「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

いい間違い

こどもの言い間違いっておもしろくてかわいい!

以前まだこどもを授かっていない時に
友人が「うちの娘、『ねこ』のこと『ねと』っていうのがかわいくて~」
と言ってるのを聞いたとき
「ふーん、そんなもんかな」とあっさり流してしまったけれど
今ならよくわかる、その気持ち!

うちの息子もかわいいいい間違えがいくつかある。

①サンダーバード → さんだんばーど
②妖怪ウォッチ → ようかいぼっち
③仮面ライダー → かめんだいら
④ティッドマウス機関庫 → とどますきかんこ

①~③は、保育園で覚えてきたものなんだけど
みんなが言ってる言葉をちゃんと吸収してるな。
ともだちって、すごい影響力あるわ~。

d0272251_2330256.jpg

[PR]
# by tabicafecom | 2017-01-06 23:14 | 息子のこと | Comments(0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年は、お友だち親子と二組で、はじかみ神社に初詣。
d0272251_1625152.jpg

ここはしょうがの神様を祀ってあるところだそうで
お神酒の代わりに生姜湯を振舞ってくださったり
無料のくじ引きがあって、景品をもらえたり、と
ちょっとおもしろい場所でした。
6月の大祭は、香辛料を扱う大手メーカーさんたちがいらして
賑やかなお祭りなんだそうです。

ちなみに、おみくじを引いたら「末吉」でした。
謙虚に、心の下座をして
感謝の気持ちを忘れないで!という
神様からのメッセージですね、きっと。

しょうがの神様にお参りしてきたので
今年はジンジャーエールとチャイでがんばります(笑)
[PR]
# by tabicafecom | 2017-01-04 06:54 | 日常生活 | Comments(0)

たたかいごっこ

NHK大河「真田丸」が終わった。
毎週日曜日楽しみに観ていたのに
もう観ることはないんだと思うと、なんだか寂しい。

生協のチラシを細く丸めて作った棒と
六文銭付きのかぶとをかぶって
「さなださいもんのすけ、ゆきむらーーーー」と
声を張り上げる息子。

戦隊ものは何も見せていないんだけど
真田丸の影響で、「たたかいごっこ」が大好きになってしまった。
うーん、これは男子には避けて通れぬ道なのかな?
d0272251_1303528.jpg

[PR]
# by tabicafecom | 2016-12-28 13:01 | 息子のこと | Comments(0)

修業の旅

ご近所の先輩ママさんとの最近の会話。


「こどもの成長は嬉しいんですけど
小さいときのかわいさがどんどんなくなってきて
むかつくこととか、
いじっかしい(金沢弁で『ウザイ』の意味)ことばっかり
するようになってきません??」

先輩ママ
「これからもっとそうなりますよ!」

人は、3歳までに一生分の親孝行をするっていうけど
かわいいだけの姿を見せてくれるのは
3歳がピークってことなのかな。。。。
ま、自分もそうやって大きくなったんだもんね。

「ほしのさんってあんまり怒らなさそう」
と言われますが、いえいえとんでもない。
怒ります。3日我慢して、3日分どかんと怒る感じ。
そりゃあもう、やくざみたい。
でも、怒っても何にもいいことがないなぁと最近よく思います。
自分もこどもも後味悪いし
こどもが私の顔色を伺っているのも、見てて申し訳ない。
怒った後は、なるべく早めに「ごめんね」と謝って
ぎゅーっって抱きしめます。

親子で長い修行の旅の真っ最中です。

d0272251_12481173.jpg

[PR]
# by tabicafecom | 2016-12-28 12:49 | 息子のこと | Comments(0)

クリスマス会

息子の保育園でクリスマス会があった。

息子たち年少さんのクラスは
「さつまのおいも」の劇と鉄棒の足抜き周り。
年中さんは竹の開閉に合わせて踊る竹踊り
年長さんは豊作を祈る「みのり太鼓」など
クリスマスと全然関係ない内容がおもしろくて
とてもいい会だった。

こどもたちの成長に合わせて、
先生方が工夫をして下さっているのが
よくわかって、感動的だった。

私はクリスチャンではないので、
「クリスマス」に関する行事にあまり馴染めない。
小さいながらも商売をしているくせに
「クリスマス商戦」という言葉もあまり好きではない。

20年前、インドのマザーテレサの施設でボランティアをしていた時
外国人ボランティア達でクリスマスの夜
キャンドルウォークをすることになり
(ボランティアの多くはカトリックの人たち)
一緒に歩いたことがある。
でも、多くの人がヒンズー教徒のインドでは
クリスマスの夜も普段の夜と何も変わらず
街中では普通にみんなが屋台で仕事をしていた。
彼らにとってクリスマスは
自分たちと全く関係ない異教徒のイベント
という雰囲気が漂っていて
その横を見慣れない外国人たちがろうそくを持って歩く姿は
なんだかおかしくて、笑える光景だった。
クリスマスって、こういうものなんだな、って
若い娘だった私には強く印象に残った。

それから20年経った今
母になった私は
息子に、クリスマスはイエス・キリスト様が生まれた日なんだよ
とだけ教えておいた。
息子は
「キリスト様、早くうちに来ないかな~。そしたらクリーム食べたいな~。」
と言っていた。
前日におでかけさんで作った、
クリスマスケーキ用の豆腐クリームが食べたいらしい(笑)

でも、そのうちサンタクロースとか、クリスマスプレゼントとか
いろんな言葉を覚えてくるようになるんだろうな~。
d0272251_16305610.jpg

[PR]
# by tabicafecom | 2016-12-21 20:13 | 息子のこと | Comments(0)