ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

4歳ってかわいい

d0272251_16592028.jpg
d0272251_16593934.jpg
ついこの間、おぎゃーっと生まれたばかりなのに
あっという間に4歳になった息子。
2歳3歳の「いやいや期」を過ぎたら、4歳はめっちゃかわいいよ~
と周りから言われて、「本当にそうかなぁ」と思っていたけど
めっちゃかわいいんです、本当に162.png

いろんなことが自分でできるようになってきた。
庭で採れたきゅうりを切るのは自分の仕事!という使命感?が芽生え
きゅうりを水で洗う→板ずりする→包丁でカット
という一連の作業を一人でこなすようになった。
(形はもちろん不揃いですが)
よって、我が家の夕食には息子作のきゅうりの塩もみがよく登場する。
息子も、自分で作った喜びが大きいのか、お皿に並べながら
「おいしいね~」と、つまみ食いをたくさんしている。

遊びの延長で、楽しんでやってくれるので
この調子で仕込んで、ごはんと味噌汁くらいは
作れるようになってほしいなぁ101.png←気ぃ、はやっ!

私が「今はダメ」ということも、以前なら「ヤダー」とギャン泣きだったのに
「じゃあ、後からやってね」と自分から代替案を言うようになったりして
成長したなぁ。。。。と感じることがたくさんの日々。
息子と共に、私も成長しないといけないのに、全然追いつけてなくて
忙しさで余裕がなくなり、息子に八つ当たりしてしまうこともしばしば。
ごめんよ~~145.png145.png145.png

でも、数日前、身体にぶつぶつができて、寝込んでいた私に
「お母ちゃんのぶつぶつ、ひろやにうつればいいね。
そしたらお母ちゃん、外に行けるのにね」
と言ってくれた息子の、その一言に感動103.png103.png103.png

お母さんって、本当にすてきなおしごとだ。

[PR]
by tabicafecom | 2017-06-30 17:01 | 息子のこと | Comments(0)

ヨランダバナナチップス

d0272251_15001613.jpg
おおっ、旅カフェに柴田未来さんがご来店101.png(右端の女性です)

未来さんは、去年の参院選で野党統一候補として出馬した
めちゃかっこいい女性弁護士さん。
私の憧れの人です110.png

そして、左端にいる女性は、野々市市在住のゆきさん124.png
ゆきさんと未来さんが手に持っているのは
「ヨランダバナナチップス」

「ヨランダ」というのは、フィリピンを襲った
史上最大級の台風の名前で
その災害支援のためレイテ島に行ったゆきさんが
現地の人たちの仕事作りのために、輸入し始めたのが
このバナナチップスなのです。
これぞ、まさに「フェア・トレード」174.png

私、バナナチップスってもともとそんなに好きではなく
(油や砂糖が気になるので)
ほとんど買ったことがないのですが
このバナナチップスは別物でした。

おいしい理由・その1
レイテ島の自然栽培バナナ
現地の人たちは農薬や肥料を買う充分なお金がないので、結果的に自然栽培に。
でも、それってすごく重要。
だって、農薬や肥料の力を借りなくても、とってもおいしいバナナが作れる
フィリピンの大地の肥沃さをまるごと堪能できます!

おいしい理由・その2
揚げ油はココナッツオイル
「バナナチップスを食べない」という人の中には
酸化した揚げ油で気持ち悪くなる、という人もいます。
でも、ココナッツオイルなら飽和脂肪酸たっぷりで酸化しにくいから
ヘルシーで胃もたれしにくい104.png

お味も、無糖と加糖2種類あるので
そのときの気分に合わせてお選び頂けます。
旅カフェのお客様も、ヘルシー志向の方が多いので無糖が人気125.png
ちなみに、我が家も無糖派です!
ぱりぱりさくさく、次から次へと手が出てしまい
あっという間になくなっちゃいます111.png

おいしい理由・その3
レイテの女性たちの手作り
通常のバナナチップスは、機械でダーッと輪切りするそうですが
ヨランダバナナチップスは、レイテの女性たちが一枚ずつ手で
縦にスライスしています。
なので、普通のバナナチップスにはない、
ぱりぱり感がたくさん残っています。
それに、やっぱり機械じゃなく人の手が作ったものって
優しい味がするんですよね~。
ゆきさんが何度もレイテに足を運んで
いろいろご指導されながら現地の人と作り上げているそうです。

レイテ島といえば、大岡昇平さんの「レイテ戦記」を思い出しますが
(私も名前だけ知ってて読んだことはありません)
このバナナチップスがレイテと日本をつなげる
新しい架け橋になればいいなぁ。

[PR]
by tabicafecom | 2017-06-29 15:47 | 出店風景 | Comments(0)

マイクロプラスチック

オランダ人のお客様。
d0272251_12272426.jpg
コーヒーをおかわりしてくれたので
マイカップ割引で20円お返ししたら
とっても喜んで下さって
そこから話がいろいろ弾んで
マイクロプラスチックの話題になった。

海に漂う“見えないゴミ” ~マイクロプラスチックの脅威~

私は、こどもを授かってから
土に還らないもの、特にプラスチック製品は
なるべく使いたくない、という思うようになってきた。
それまでも、あまり使わないようにしていたけれど
マイクロプラスチックのことを知って
生活の中から少しずつプラスチックを減らしていった。
いつもかばんに入れているペットボトルの水も
ある時期、ガラス瓶にしていたこともある。
(重いのでやめてしまったけど)

旅カフェで、毎日プラスチックのごみを出すのが嫌で
なるべく洗って使いまわしていたけれど
だんだん面倒になって、最近はあまり気にしないようにしていた。

あるとき、旅カフェに金沢弁が上手なフランス人のおじさんが来て
「プラスチックはだめだよ。海に浮かぶプラスチックのこと知ってる?」
って言いながら、陶器のカップで紅茶を飲んで帰ったことがあるけど
そのおじさんの言うとおりだな、ってそのときは思った。
でも、仕事で使うものだし、便利だし。。。。。
と、いろいろ考えていたけど
今回、このオランダ人の女性と話して
やっぱり自然に還らないものは、なるべく使いたくないなぁ~
と思うようになった。

[PR]
by tabicafecom | 2017-06-13 18:51 | Comments(2)

新・戦争のつくりかた

共謀罪のことが気になりつつも
何もできなくて焦りが募る毎日。

息子の保育園の先生にお願いして
保育園の図書コーナーに「新・戦争のつくりかた」を
置いて頂きました。
d0272251_12032410.jpg
10年以上前に作られた本ですが、ネットや新聞で話題になり
内容が、よりわかりやすくリニューアルされました。

本当に「どきっ」とすることがたくさん書いてあって
それが、現実味を帯びてきているところが
さらにこわくなっちゃうのですが。。。。
小さな子どもがいるパパやママたちにこそ
読んでほしい内容だな~と思います。

快く置いて下さった先生方、ありがとうございます。

[PR]
by tabicafecom | 2017-06-13 12:12 | 日常生活 | Comments(0)

2017年6月の出店予定

10日(土)金沢21世紀美術館
11日(日)金沢21世紀美術館

14日(水)のっぽくん

17日(土)金沢21世紀美術館
18日(日)金沢21世紀美術館

21日(水)のっぽくん

24日(土)金沢21世紀美術館
25日(日)金沢21世紀美術館

よろしくお願いしまーす。

[PR]
by tabicafecom | 2017-06-09 16:01 | 出店予定 | Comments(0)

本日のおでかけさん

息子が1歳になってから行き始めた
青空自主保育の会「おでかけさん

最近仕事が忙しいので、なかなか行けないのだけれど
ちょっと時間を作って、息子と久々に行ってみました。
d0272251_15334759.jpg
d0272251_15295141.jpg

暑くて、夏のような日差しの中
親子で水遊びを楽しみました。
d0272251_15314015.jpg
こどもたちは、みんな水が大好き!
おおはしゃぎでした104.png
d0272251_15330314.jpg
午後からは、にじみ絵作り。
d0272251_15350636.jpg
「アーシング」という言葉を知ってから
おでかけさんに行くと、いつも息子と一緒に
裸足になるように心がけている。
アーシングについてはこちら→http://earthing.jp/aboutearthing/
最初は少し抵抗があったけど、裸足になるって気持ちいい!!
こどもって、気持ちいいことを本能でちゃんとわかってる生き物なんだな~。
危険なものがない場所では、なるべく裸足にさせてあげたい。
そして、お母さんも一緒に裸足になろう!

私にとっての、最高の学びの場所、おでかけさんがだーいすき126.png






[PR]
by tabicafecom | 2017-06-01 15:44 | Comments(0)