「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

<   2015年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ろうそく、ぽん

クリスチャンではないのでクリスマスを祝う習慣もなく、商業的なクリスマスイベントも好きになれないけれど、こどもと一緒に何か特別なことをしたいな、と思って、手作りろうそくを灯してみた。
d0272251_120279.jpg

おでかけさんで作った土のろうそく台にみつろうのろうそく。他にも、家にあったろうそくを何本か灯して、息子と二人で静かな夜を過ごした。

ろうそくの灯りっていいなぁ。日本にいるとなかなか停電がないから、ろうそくも出番が少ないけれど、インドやネパールを旅した時は停電が多かったから、ろうそくの灯りの中でご飯を食べたりシャワーを浴びたりして、それが結構楽しかったな。まぁ、電気があるからろうそくの灯りにわくわくするんだろうけど。。。。これからも時々はキャンドルナイトしたいな。
[PR]
by tabicafecom | 2015-12-25 11:53 | 日常生活 | Comments(0)

もちつき

おでかけさんのもちつきに親子で参加した。

去年のもちつきでは、始まる前に寝てしまって、片付けが終わるころに起きた息子。
なので、今年はぜひつきたてのほかほかを食べさせてやりたい!とやる気まんまんの私。

それにしても、もちつきってなんであんなに楽しいんだろう。
みんなでかけ声かけてぺったんぺったんやっていると「日本の文化ってすばらしいな~」としみじみ思う。
今回はベトナム人のチュンさんご一家もお誘いした。
ベトナムでも、日本のもちつきと似たような習慣があるよ、とチュンさん。
ベトナムもお米の国だもんね。

d0272251_1232833.jpg

d0272251_1222548.jpg


「手返し」が上手にできるようになりたいから、張り切って「やります」と言ったものの、慣れない作業で肩に力ばかり入って上手にできず、すぐ汗だくになってしまった。(翌日は筋肉痛だった)
もちつきも、日本の大事な伝統行事。教えてくれる人が側にいる間にしっかり学んでおきたいなぁ。
[PR]
by tabicafecom | 2015-12-23 20:12 | 息子のこと | Comments(0)

カフェ講座


ママ友さんのご厚意で、カフェ講座をさせて頂くことになりました。
場所は昨年に引き続き、今回も鶴来のクリスタルハウスさんで。
どなたでもお申込み頂けます。
もちろん、お子さん連れも大歓迎です。

2016年1月18日(月)
10:30~12:00
クリスタルハウス 石川県白山市鶴来日詰町午72-1(地図
参加費 大人1000円

ほんのちょっとのコツで、おいしいコーヒーがさらにおいしくなる淹れ方&冬が楽しくなるカフェメニューいろいろをご紹介しますね(^^)/

d0272251_5154068.jpg

前回の様子。
幼稚園のママさんたちに好評でした♡
今回もみなさんに喜んで頂けるよう、がんばりますね。
[PR]
by tabicafecom | 2015-12-23 05:21 | 出店予定 | Comments(0)

選択的夫婦別姓

「夫婦別姓禁止は合憲」
最高裁の判決にびっくりした。
「家族の呼称を一つにまとめることは合理性があり」って
いつまで「家」制度をひきずっているんだろう。

年賀状でもテレビのテロップでも
夫婦や家族の名前は
父親または夫には名字がつくけれど、妻やこどもには名字はつけず名前だけ書くのが一般的だ。
妻や子にも名字はあるのにそれらは省略される。
妻や子は、まるで父親または夫の添え物みたいだ、といつも思う。

夫の名字に変えられてしまうことが女性の自立心を阻害してるんじゃないか、と思うこともある。
夫の名字でばりばり働くすてきな女性もたくさんいるけれど、今までの自分がなくなってしまうような寂しさを感じる人もいるだろう。
せめて夫婦になる前に、どちらの名字にするか話し合う機会がもっとあってもいいと思う。
そして別姓にしたい人はそれを選べばいいし、同姓の方が都合いい人はそうすればいい。
家族の中にいろんな名字があるのは個性的ですてきだと私は思う。
そんな多様性というか、豊かさというか、ゆるさが、この社会にあってほしいな。
[PR]
by tabicafecom | 2015-12-19 00:56 | 日常生活 | Comments(0)

成長

最近、息子が本当に成長したなぁと感じる場面がいくつもある。

息子が10か月の時、ベビーカフェを始めた。最初は、息子をおんぶしながらコーヒーを淹れていたが、1歳を過ぎてからは動きも活発になり、おんぶもだんだん難しくなってきた。

ベビーカフェに連れていくと、私から離れずほとんど仕事に手が付けられないという有様だったが、ありがたいことにお客様がこどもに理解のある方ばかりだったので
「おっぱい終わってからでいいので、コーヒーお願いします」とか「お仕事の間、見ててあげますよー」とか心優しいことを言って下さった。(ありがとうございます)

でも、やはり1歳児を連れて仕事に出かけるのは、私のような高齢初産には体力的にきついものがあり、毎回終わるころにはくたくたになっていた。

保育園に預ければ済む話なのだが、なんとなく息子に私が働く姿を見ててほしかった
幸い自営業でそれができる場所があるのだから、もう少しだけがんばってみよう!と毎回思っていた。

2歳を過ぎて、いやいや期も始まったことだし、ベビーカフェの日はそろそろ保育園にお願いしようかな。。。。と思っていたある日、いつものように息子をベビーカフェに連れていくと。。。。
なんとなんと、ひとりで楽しそうに遊んでいる!
いつものように私にまとわりつかない。
時々私のことを思い出して近づいてくるくらいで、後はほとんどおもちゃで遊んでいる。

最初は目を疑った。
こんな日がくるなんて信じられなかった。(必ずきます)
知らないうちにちゃんと成長している息子に驚いた。
息子なりにベビーカフェはお仕事の場、と理解している様子で、エプロンをつけたら嬉しそうにしている。お客様に「これはメニューの看板だよ」と説明もしてくれるようになった。
私から少しずつ離れて、息子の世界が広がっていくんだなぁ。
d0272251_23584964.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2015-12-19 00:14 | 息子のこと | Comments(0)