「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

カテゴリ:マタニティ( 11 )

OC布おむつ

d0272251_9485139.jpg


オーガニックコットンの布おむつを買いました。
途中で挫折するかも。。。。と思いつつ、おむつとして使わなかったら私の布ナプキンにすればいいかな、という思いで奮発して買ってしまいました(^^)
私は10年以上布ナプキンを使っていますが、その快適さを知ってしまったら使い捨ての紙ナプキンはもう使えなくなりました(蒸れて気持ちが悪いのです)。しかも10年以上ずっと同じ布ナプキンを繰り返し使っているので(だいぶヨレヨレですが)、ナプキン代というのがほとんどかかりません
布にしてから生理の状態もよくなったし、以前は「汚いもの」と思っていた経血も、実は自分の身体のバロメーターで、月に一度の身体のお掃除なんだ、と思えるようになりました。

布おむつ育児楽しめるかな~。
[PR]
by tabicafecom | 2013-02-01 09:38 | マタニティ | Comments(1)

9か月

9カ月に入り、お腹がふくらむスピードもさらに加速してきました。臨月にはスイカみたいになるのかな(^^)楽しみです。
最近はまめちゃんがお腹の中でしゃっくりしているのがよくわかります。これは生まれた後、肺呼吸に変わるときのための呼吸の練習なんだそうですね。しゃっくりしているのを感じると、「生まれる準備をしてるんだな~」と思って、さらに愛しくなります。

今私のお腹の中にいるこの子とは、前世でどんなつながりがあったんだろうな~、と最近よく考えます。今と同じように親子だったかもしれないし、あるいは恋人同士だったかも。親友とか、きょうだいだったかもしれない。形を変えて現世でまたこうして出会えたことが、本当にありがたいご縁だな~としみじみ思います。

自分のお腹から生まれてくると、つい自分の分身みたいに思ってしまいそうだけど、そうじゃなくて全く別の人格を持ったひとりの「ひと」なんだ、となるべく思うようにしています。自分の分身みたいに思っちゃうと、自分の考えを押し付けてしまいそうなので。。。。(未熟な私です)

あと、「いいお母さんになってね~」とよく言われますが、実はあんまりいい母親になろうと思わないことにしています。できるだけ自然体でいたいな。自分がいい母親になろうとしてがんばると、こどもも「いいこども」にならなくちゃ、って思ってのびのびできないかもしれないから、と思うのです。6割くらい育児ができたらいいかな、と思っているのですが。。。現役のお母さんたちはどうなんでしょうね。
[PR]
by tabicafecom | 2013-02-01 09:34 | マタニティ | Comments(1)

ゆずの大食い

ゆずがおいしい季節ですが。。。。。
d0272251_12233257.jpg

最近、やたらゆずが食べたくて仕方ない時があります。最初は刻んで料理に入れる程度でしたがそれだけでは満足できなくて、ここ数日はまるかじりしています。一日に2~3個はぺろっと食べてしまうのです。近所のひまわりチェーンでいくつもゆずを買うので、店主さんに「こんなにいっぱい何に使うの?」と聞かれます(^_^;)今朝も5つ買いに行ったら、店主さんがおまけしてくれました。
買ったゆずは農薬が心配なので、すずよさんに教えてもらった「焼き塩」に漬けてから食べるようにしています。焼き塩のせいかさらにおいしくなり、ますます食べたくなります。外出していても「あ~、ゆず食べたいから早く帰ろう」と思うくらい。
妊婦がこんなにゆずばっかり食べていいのかな~とちょっと心配になり、調べてみると、ゆずの皮にはレモンの3倍のビタミンcが含まれているそうです。風邪予防のために無意識に求めていたのかな~。そしてなんとゆずには妊婦に必要な葉酸がたくさん含まれているそうです。なんだそうだったのか、と納得しました。身体ってすごい。というわけで今日もまたゆずの大食いです(^^)
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-22 12:25 | マタニティ | Comments(2)

吉村先生の本

妊娠するずっと前にシネモンドで観た河瀬直美監督のドキュメンタリー映画「玄牝」。
とても美しい、野獣のような女性たちの「産む姿」を見て、すごく心を動かされた作品でした。出産シーンが本当に感動的で、映画を観た日の夜、お風呂に入りながらその様子を思い出して涙が出てきました。

その映画の舞台になった愛知県岡崎市の吉村医院の院長吉村先生の本を今読んでいます。
d0272251_912482.jpg

逆子でも自然分娩で、できるだけ医療的な介入をせず、女性の「産む力」と赤ちゃんの「生まれる力」を最大限に生かしたお産をさせてくれる貴重な場所のようです。
この本を読んでいると、妊娠も出産も本当に神様の手仕事のように思えてなりません。そしてじっくり「待つ」お産をさせてくれる吉村先生。お産への思いが一気に熱いものになります。

私も助産院で産みたいと思っています。「玄牝」を観て、吉村医院を知ったおかげで、病院任せではなく「私が産む」という強い意識を持つことができました。本当に感謝です。
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-10 09:09 | マタニティ | Comments(1)

8か月

妊娠8か月に入りました。

妊娠が分かったばかりの頃は「出産まで長いなぁ~」と思っていたけど、あっという間に時は過ぎるものですね。お腹のまめちゃんも日に日に胎動が激しくなります。
もう耳が聞こえるから絵本を読んであげるといいですよ、と助産師さんに言われ、この前絵本を読んであげました。歌も歌ってあげようと思ったのですが、何を歌っていいのかわからない(しかも私は音痴なのです)。しばらく考えて、とりあえず「こんにちは赤ちゃん」を歌ってみました。永六輔と中村八大の世界に浸りながら「いい歌だなぁ~」とうっとりしてしまいました。
その後は「ぞうさん」「七つの子」などなど。。。。意外と童謡って知らないものだな~。
[PR]
by tabicafecom | 2012-12-30 11:30 | マタニティ | Comments(0)

さらし

アマゾンで買ったさらしを腹帯としていつも巻いています。
洗濯した後のさらしにアイロンをかけるのが、結構楽しいです(^^)
d0272251_10533883.jpg

10mのものを半分に切って5mずつ使っていますが、すごく暖かくて手放せません。出産後も腰に巻いたり、身体に巻く必要が無くなったら、切って手ぬぐいやキッチンペーパー代わりに使えるそうです。丈夫で使いやすくて、昔の人の知恵のすごさにいつも驚かされます。
[PR]
by tabicafecom | 2012-12-30 11:10 | マタニティ | Comments(0)

かゆみ

お腹の皮が張ってきたせいか、お腹と背中(腰のあたり)がかゆいです。馬油を塗っていますが、なかなか治まらない。びわエキスつけてみようかな。
それにしてもお腹の皮ってすごく伸びるんですね~。女の人が柔軟なのもわかる気がします。
[PR]
by tabicafecom | 2012-12-22 10:36 | マタニティ | Comments(0)

絵本

くりえいたーずでお邪魔したりょうさんのお家には絵本がたっくさんあります。その中からりょうさんがおすすめのものをいくつか貸してくれました。
d0272251_0402262.jpg

「ほく、うまれるよ!」という絵本を読みながら、りょうさんの家のキッチンでこっそり涙ぐんでしまいました(感動して)今までは絵本を読んでも、ちっとも感動なんてしなかったのに。ああ、不思議。
涙ぐむ私を見て「どうしたん?ほっし~??」と、りょうさん。りょうさんのセレクトには本当に頭が下がります。
[PR]
by tabicafecom | 2012-12-14 23:39 | マタニティ | Comments(0)

近頃は

7カ月に入り、お腹もだんだん大きくなり、履けるズボンが少なくなってきました。(買えばいいんですけどね。。。)のっぽくんスタッフのななちゃんからもらったマタニティズボンを洗濯してすぐ乾かして、毎日のように(というか本当に毎日)履いてます。タイパンツを自分でマタニティにリメイクしようかな~と思いつつ、まだやってません。このままななちゃんズボンのヘビーローテーションでいってしまいそう。。。。
おへその溝がだんだん浅くなってきました。そのうちでべそになるよ~と先輩ママから言われましたが、楽しみです。でべそになったら写真撮ろうっと。

お腹の中のまめちゃん(と呼んでいます。最初まめみたいに小さかったから)は、最近本当によく動いています。どくん、どくん、どくん、と同じ振動が続くときはしゃっくりしてるのかな?でんぐり返しもする、と本で読みましたが、毎日いろんなことしながら成長してるんだな~と感心しています(^^)
[PR]
by tabicafecom | 2012-12-05 15:33 | マタニティ | Comments(3)

「諦める」と「手放す」

前々回のブログで「ハルマチテンにも出店予定」と書きましたが、体調を考慮してハルマチテンには出店しないことにしました。
1年数か月続けてきたFMえぬわんのラジオ番組も、そろそろ卒業するかもしれません。

「子どもができたらしばらくは自分のことを諦めなきゃいけないよ~」と誰かが言っていましたが、諦めるってこういうことなのかな、と感じています。別に悲観しているわけではないのですが、女性が出産や育児、介護などで少しずつ社会から切り離されていくってこういうことなのかな。。。。
子育てがひと段落して今は精力的に仕事している友人でも、育児期間中は新聞だけが社会とつながる唯一の接点だった、と話していたし。

でも、これは「諦める」んじゃなくて「手放す」っていうことで、手放したら新しい風が入ってくるんだろうな~。新しい風、うんと楽しみたい。
[PR]
by tabicafecom | 2012-11-28 10:26 | マタニティ | Comments(6)