ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

カテゴリ:息子のこと( 80 )

4歳ってかわいい

d0272251_16592028.jpg
d0272251_16593934.jpg
ついこの間、おぎゃーっと生まれたばかりなのに
あっという間に4歳になった息子。
2歳3歳の「いやいや期」を過ぎたら、4歳はめっちゃかわいいよ~
と周りから言われて、「本当にそうかなぁ」と思っていたけど
めっちゃかわいいんです、本当に162.png

いろんなことが自分でできるようになってきた。
庭で採れたきゅうりを切るのは自分の仕事!という使命感?が芽生え
きゅうりを水で洗う→板ずりする→包丁でカット
という一連の作業を一人でこなすようになった。
(形はもちろん不揃いですが)
よって、我が家の夕食には息子作のきゅうりの塩もみがよく登場する。
息子も、自分で作った喜びが大きいのか、お皿に並べながら
「おいしいね~」と、つまみ食いをたくさんしている。

遊びの延長で、楽しんでやってくれるので
この調子で仕込んで、ごはんと味噌汁くらいは
作れるようになってほしいなぁ101.png←気ぃ、はやっ!

私が「今はダメ」ということも、以前なら「ヤダー」とギャン泣きだったのに
「じゃあ、後からやってね」と自分から代替案を言うようになったりして
成長したなぁ。。。。と感じることがたくさんの日々。
息子と共に、私も成長しないといけないのに、全然追いつけてなくて
忙しさで余裕がなくなり、息子に八つ当たりしてしまうこともしばしば。
ごめんよ~~145.png145.png145.png

でも、数日前、身体にぶつぶつができて、寝込んでいた私に
「お母ちゃんのぶつぶつ、ひろやにうつればいいね。
そしたらお母ちゃん、外に行けるのにね」
と言ってくれた息子の、その一言に感動103.png103.png103.png

お母さんって、本当にすてきなおしごとだ。

[PR]
by tabicafecom | 2017-06-30 17:01 | 息子のこと | Comments(0)

公園の水飲み場

d0272251_15370330.jpg
公園の水飲み場で水を飲むのが
楽しみのひとつになってきた息子。
水筒のお水があっても「公園で飲む!」と言ってる。
水飲み場、いろんな子が口つけてるだろうし
知らないうちに間接キッスの可能性??

[PR]
by tabicafecom | 2017-05-12 15:40 | 息子のこと | Comments(0)

息子4歳に

3月19日は、息子の4歳の誕生日だった。
忘れないように、詳細をブログにしっかり書いたのに
なぜか保存できなくて消えてしまったー!!
まぁ、いいさ。思い出は私の心の中にあるさ。
というわけで、「ひろや4歳のお誕生日」ダイジェスト版。
お楽しみ下さい。

d0272251_16425972.jpg























d0272251_16481140.jpg

















d0272251_16485269.jpg

















d0272251_16492929.jpg























d0272251_16502051.jpg























d0272251_16511047.jpg























d0272251_16515270.jpg























魔の2歳児
悪魔の3歳児
天使の4歳児
というらしく(保育園の先生に教えてもらった)
4歳は、「ワンダフル・フォー」な一年なんだそうだ。
今でもめっちゃかわいいのに、
これに「ワンダフル」が付いてくるなんて
幸せすぎる~。

生まれてきてくれて、本当にありがとう!

[PR]
by tabicafecom | 2017-03-19 11:18 | 息子のこと | Comments(0)

ヴィーナス

d0272251_17084572.jpg
ピースボートでアテネに行った時に買った裸の女の人。
ボッティチェッリさんのヴィーナスだと思われる。

これをトイレに飾っておいたら、息子が
「あの人の目がコワイ」と言っていた。
ある日、私がトイレで息子のお尻を拭いている時に
「あの人も拭いてるのかなぁ」と息子が言うので
見るとたしかにヴィーナスも。。。。おまたを押さえている!

こどもの発言って、本当におもしろいな。

[PR]
by tabicafecom | 2017-03-12 17:02 | 息子のこと | Comments(0)

ごっつ

数を数えるのが上手になってきた。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ
ごっつ

「いつつ」ではなく「ごっつ」というところが
かわいいなぁ~。
日本語の数の数え方は外国人にはすご~く難しいって聞くけど
こどもの言葉を聞きながら、なるほどな~って思う。

d0272251_16365909.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2017-03-06 16:39 | 息子のこと | Comments(0)

受け入れる

おでかけさんにいくと
いつも他の子ととっくみあいの喧嘩を始める息子。
息子が2歳のとき、もっと小さい特定の子にぶつかっていき
馬乗りになったりすることがあったけど
(息子のほうが一方的にやる方で)
おでかけさんリーダーのカヨさんに
「やる方もやられる方も加減がわかるようになるから」
とアドバイスを頂いて、ひやひやしながらも止めに入らず
いつも少し離れたところで見守っていたら
そのうち、その子に対して何もしなくなり
今では普通に遊べるようになってきた。

息子が3歳になってから、自己主張が強くなり
身体も大きく、力も強くなってきた。
今は、以前とは別の特定の子と
よくとっくみあいの喧嘩?らしきものをして
息子の方が叩いたり、突き飛ばしたり
逆にひっかかれたり、突き飛ばされたりしている。
その子とは性格が似ているのかなぁ。
とにかく息子のほうが力が強いから
見ているこっちもどきどきする。

最初はとめていたけれど、相手の子のお母さんと
「できるだけ手を出さず、やらせてあげましょう」
と、話をして一緒に見守ることにした。

喧嘩の後、息子には
「叩くのはよくないよ。痛いからやめようね。
お口で言ってあげればいいんだよ。」と
何度も何度も繰り返し繰り返し、説明しているけど
あまりに同じことの繰り返しなので
このままジャイアンみたいなガキ大将になるんじゃないかしら?
と、少し不安に思うときもある。
(ジャイアンが悪いっていうわけじゃないんだけど)

トラブルがあったときの息子への対応が
「いつもこれでよかったのかな?」
って考え込んでしまう時もよくある。
こんなとき、どうしたらいいんだろう?って
深い迷路に入り込んでしまうこともある。
育児って、答えがない。

ある日、ふと思った。
自分が母親にしてほしかったことを息子にもしてあげればいい!

自分が母親にしてほしかったことって何だろう?って考えたら
すぐ言葉が出てきた。それは
「ありのままの自分を受け入れてほしい」
ということだった。

いいときの自分も悪いときの自分も
まるごと受け入れてほしいって私はいつも思っていたなぁ。
それがこんなひねくれた性格につながってしまった!
だから息子には「まるごと受け入れられる喜び」を感じてほしい。

言うは易しだけど、本当に実践できるかな?
よーし!今年の書初めに書いてみようっと!!
d0272251_23121798.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2017-01-07 23:14 | 息子のこと | Comments(0)

いい間違い

こどもの言い間違いっておもしろくてかわいい!

以前まだこどもを授かっていない時に
友人が「うちの娘、『ねこ』のこと『ねと』っていうのがかわいくて~」
と言ってるのを聞いたとき
「ふーん、そんなもんかな」とあっさり流してしまったけれど
今ならよくわかる、その気持ち!

うちの息子もかわいいいい間違えがいくつかある。

①サンダーバード → さんだんばーど
②妖怪ウォッチ → ようかいぼっち
③仮面ライダー → かめんだいら
④ティッドマウス機関庫 → とどますきかんこ

①~③は、保育園で覚えてきたものなんだけど
みんなが言ってる言葉をちゃんと吸収してるな。
ともだちって、すごい影響力あるわ~。

d0272251_2330256.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2017-01-06 23:14 | 息子のこと | Comments(0)

たたかいごっこ

NHK大河「真田丸」が終わった。
毎週日曜日楽しみに観ていたのに
もう観ることはないんだと思うと、なんだか寂しい。

生協のチラシを細く丸めて作った棒と
六文銭付きのかぶとをかぶって
「さなださいもんのすけ、ゆきむらーーーー」と
声を張り上げる息子。

戦隊ものは何も見せていないんだけど
真田丸の影響で、「たたかいごっこ」が大好きになってしまった。
うーん、これは男子には避けて通れぬ道なのかな?
d0272251_1303528.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2016-12-28 13:01 | 息子のこと | Comments(0)

修業の旅

ご近所の先輩ママさんとの最近の会話。


「こどもの成長は嬉しいんですけど
小さいときのかわいさがどんどんなくなってきて
むかつくこととか、
いじっかしい(金沢弁で『ウザイ』の意味)ことばっかり
するようになってきません??」

先輩ママ
「これからもっとそうなりますよ!」

人は、3歳までに一生分の親孝行をするっていうけど
かわいいだけの姿を見せてくれるのは
3歳がピークってことなのかな。。。。
ま、自分もそうやって大きくなったんだもんね。

「ほしのさんってあんまり怒らなさそう」
と言われますが、いえいえとんでもない。
怒ります。3日我慢して、3日分どかんと怒る感じ。
そりゃあもう、やくざみたい。
でも、怒っても何にもいいことがないなぁと最近よく思います。
自分もこどもも後味悪いし
こどもが私の顔色を伺っているのも、見てて申し訳ない。
怒った後は、なるべく早めに「ごめんね」と謝って
ぎゅーっって抱きしめます。

親子で長い修行の旅の真っ最中です。

d0272251_12481173.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2016-12-28 12:49 | 息子のこと | Comments(0)

クリスマス会

息子の保育園でクリスマス会があった。

息子たち年少さんのクラスは
「さつまのおいも」の劇と鉄棒の足抜き周り。
年中さんは竹の開閉に合わせて踊る竹踊り
年長さんは豊作を祈る「みのり太鼓」など
クリスマスと全然関係ない内容がおもしろくて
とてもいい会だった。

こどもたちの成長に合わせて、
先生方が工夫をして下さっているのが
よくわかって、感動的だった。

私はクリスチャンではないので、
「クリスマス」に関する行事にあまり馴染めない。
小さいながらも商売をしているくせに
「クリスマス商戦」という言葉もあまり好きではない。

20年前、インドのマザーテレサの施設でボランティアをしていた時
外国人ボランティア達でクリスマスの夜
キャンドルウォークをすることになり
(ボランティアの多くはカトリックの人たち)
一緒に歩いたことがある。
でも、多くの人がヒンズー教徒のインドでは
クリスマスの夜も普段の夜と何も変わらず
街中では普通にみんなが屋台で仕事をしていた。
彼らにとってクリスマスは
自分たちと全く関係ない異教徒のイベント
という雰囲気が漂っていて
その横を見慣れない外国人たちがろうそくを持って歩く姿は
なんだかおかしくて、笑える光景だった。
クリスマスって、こういうものなんだな、って
若い娘だった私には強く印象に残った。

それから20年経った今
母になった私は
息子に、クリスマスはイエス・キリスト様が生まれた日なんだよ
とだけ教えておいた。
息子は
「キリスト様、早くうちに来ないかな~。そしたらクリーム食べたいな~。」
と言っていた。
前日におでかけさんで作った、
クリスマスケーキ用の豆腐クリームが食べたいらしい(笑)

でも、そのうちサンタクロースとか、クリスマスプレゼントとか
いろんな言葉を覚えてくるようになるんだろうな~。
d0272251_16305610.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2016-12-21 20:13 | 息子のこと | Comments(0)