ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

カテゴリ:日常生活( 59 )

東京オリンピック

2020年のオリンピック東京開催が決まって、がっかりしています。
汚染水問題できっと東京は無理だろうな、と思っていたので、東京開催と聞いたときはびっくり。
2020年には汚染がどこまで広がっているのか想像もつきませんが、世界のアスリートたちに不必要な被曝をさせてしまうんじゃないかと思います。
これからはリニアの建設も急ピッチで進み、消費税増税、治安維持のためという名目で共謀罪などの悪法を成立させる、などなどますます住みにくい世の中になっていくんじゃないかな。。。。。東北の復興が置き去りにならないことを願うばかりです。
[PR]
by tabicafecom | 2013-09-08 22:16 | 日常生活 | Comments(2)

しごとのこと

d0272251_22523850.jpg


「仕事はいつから再開するの?」とよく聞かれますが、家事と育児で毎日があっという間で、仕事のことを考える余裕がまったくありません(^_^;)息子が生まれる前は、おんぶして旅カフェしようかな~とのんきに考えていましたが、生まれたら結構大変、私にはそんなのムリということに気付き、今はおとなしくしています。
でも
「生まれて最初の一年間の変化は劇的だから見逃さないでね!」
「この一年間をどう過ごすかで、これからの子育てが決まるのよ!」
といろんな方から言われたので、そうかな~、じゃ仕事はほどほどにして息子といちゃいちゃしようかな、と思っています。

最近ひさびさに会う人から「誰かわからなかった」と言われることがあります。怖いのでその理由は聞きませんが、自分でも気付かないうちに外見も中身も大きく変化している時なんだろうな~。
[PR]
by tabicafecom | 2013-08-21 22:52 | 日常生活 | Comments(0)

ミラーレス一眼レフ

以前からずっとほしい、ほしい、と思っていた一眼レフのカメラ。
アマゾンでミラーレスが驚くほど安かったので、「去年誕生日に何も買ってないし」と自分に言い訳しつつ、購入してしまいました~。

だって一眼レフで撮ると、食べ物も飲み物もすっごくおいしそうなんだも~ん(^^)
d0272251_17513735.jpg

早速撮ってみました。オートモードですが。。。。
最近、小紺有花さんのレシピ本を見ながら、甘酒酵母を使ったパン作りにはまっています。
レシピの全粒粉の代わりに米ぬかを使い(米ぬかが大量にあるので)、水の代わりに乳酸菌液を使い、岩手県産ゆきちから(H23年度産、放射能未検出)を使っているせいか、めっちゃくちゃおいしいんです、このパン。自分で言うのもなんですが。香ばしくて、何もつけなくてもぱくぱく食べれます。
いつもはプレーンを作るのですが、今日はよもぎ味にしてみました。

うっ、やっぱりおいしそう!
旅カフェのメニューも一眼レフで撮り直ししよう!
[PR]
by tabicafecom | 2013-03-02 18:06 | 日常生活 | Comments(3)

みんなでランチ&なんでも相談

毎週水曜日、みんなでランチを食べながら、生活相談などを受け付ける場所が天神町にできました。
ごはんを作っているのが私のお友だちのちずこさん。近江町・大松水産のかっちゃんからおいしい魚を安く提供してもらい、いつもおいしいごはんを作ってくれます。
この日のメニュー。
d0272251_18262581.jpg

d0272251_1826524.jpg

なんとこれでたったの300円!
地域に住む一人暮らしの高齢者やお金にあまり余裕のない人でも払える金額に。。。。ということでこの価格になったそうです。なので、みなさまからの食材提供やカンパも受け付けている、とのこと。
私は、ちずこさんのごはんが食べれるのが嬉しいので毎週通っています。来週のメニューは何かな?今から楽しみです(^^)

同じような「まつもと亭」という場所が城北病院の近くにもあります。そこは生活保護を受けている人やボランティアの人たちが中心になって運営している週に一度のレストランです。(4月から毎日営業する、という噂)プロのコックさんが本格的な洋食を低価格で作ってくれます。即利益にはつながらないけど、「集う場所」があることの大切さをまつもと亭に行くといつも感じます。

天神町のこの場所もそんなふうになるといいな~。そして地域のあちこちにこんな場所ができたら、すごく貴重なセーフティネットになるんだろうな。
[PR]
by tabicafecom | 2013-02-27 18:19 | 日常生活 | Comments(0)

寮美千子さんのお話会に参加しました

「空が青いから白をえらんだのです」の著者寮美千子さんのお話会に参加しました。
この本は、2007年から奈良少年刑務所で「社会性涵養(かんよう)プログラム」の講師として、月一回受刑者に童話と詩の授業をしてこられた寮さんが彼らの詩をまとめたものです。ちなみに涵養とは、「水が自然に染み込むように、無理をしないでゆっくりと養い育てること」だそうです。寮さんが凶悪な犯罪を犯してきた受刑者たちの心をゆっくり紐解いてきたお話を聞かせて頂きました。

犯罪が起こる背景には必ずその理由があるけれど、私たちの社会はそれを見ようとしないでただ罰することの方に重点を置いているような気がします。一番わかりやすいのが「死刑」です。私も以前から死刑には反対でしたが、寮さんのメッセージを読んでますます思いが強くなりました。すばらしいメッセージです。ぜひ読んでみて下さい。
寮さんがアムネスティに寄せた死刑反対のメッセージ

社会には本当にいろんなセーフティネットが必要だな、と思います。犯罪を犯してしまう人の多くは社会的弱者の側にいます。普通の生活をしていると、私たちはなかなかそんな人たちには出会わないものですが(寮さんはこれを『階級社会』と言っていました)、その背景を考えて、罪を犯した人もその犠牲になった人も共に支え合っていける社会を作りたいですね。。。。
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-27 14:20 | 日常生活 | Comments(0)

火鉢

10年くらい前に「よふ葉」さんで買った火鉢。お餅を焼いたり、お肉を焼いたり(煙がすごかった)、炭火を見てぼーっとしたり、いろんな場面で活躍してくれていたのですが、寒すぎる我が家では暖を取るのに追いつかなくて、ここ数年は部屋の隅で埃をかぶっていました。
ご近所のなつこさんが火鉢をもらって下さることになり、10年過ごした我が家からなつこさんのもとに旅立って行きました。
嬉しいな~。なつこさんがもらってくれたのも嬉しいけど、火鉢とのすてきな思い出が私の心の中にちゃんと残ってるのも嬉しい。これからなつこさんのもとでまた出番がやってくるといいな~。
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-20 10:16 | 日常生活 | Comments(0)

断捨離中

狭い我が家を片付けなくては!と思い立ち、長年捨てられなかったものをえいやっと捨てまくっています。書き溜めていた日記とか、もう見ないような古い写真とか、捨て始めたらおもしろいくらいに「あれもこれも」という気分になります。かさぶたをはがす時のようなささやかな喜び?と似ているかも(^^)
先日は、ずっと物置にしまっていたスノボの板と靴とウエアをセカンドストリートに持っていきました。そしたらなんと2550円で買い取ってもらいました。
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-20 10:05 | 日常生活 | Comments(0)

卯辰山

1日2時間は歩こう!と決めて、お天気のいい日はよく卯辰山を歩いています。
d0272251_12514020.jpg

雪が降った翌日は茶色の木々と白い粉雪がとても美しくて、思わず見とれてしまいます。幻想的で、まるでおとぎ話の世界です。こんなすてきな場所が家の近くにあるなんて、本当にラッキーです。
卯辰山は小さな丘みたいなものですが、それでも空気のおいしさが全然違います。冬だから余計そうなのかもしれませんが、そのひやりとした澄んだ空気を思い切り吸っていると、身体の中まできれいになっていく感じがします。

木を見ながら歩いていると、冷たい風の中で凛として立っていて、その枝にはちゃんとかたいつぼみが付いている。余分なものを何も持たず、ただ自分の役目を静かに果たしている自然のたくましさというか謙虚さというか。。。。。いつもすごいな~と思いながら見ています。
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-09 12:47 | 日常生活 | Comments(0)

2013年です

あっという間に2013年になってしまいました。
今年もわくわくがいっぱいの一年にしたいですね。
私の今年のテーマは「感謝して、素直に甘える」ってことかなぁ。甘えるのが苦手なので。
でも、すぐ忘れてしまいそうなので紙に書いて見えるところに貼っておこうかな。

みなさま、今年もよろしくお願い致します。
[PR]
by tabicafecom | 2013-01-03 22:08 | 日常生活 | Comments(2)

2012年ありがとう!

2012年もあとわずかですね。

今日はみろく湯のしまい湯に行ってきました。午後4時過ぎでしたが、お客さんがいっぱい!「いきいきシルバー倶楽部」という名前を付けたくなるような元気のいいお年寄りの皆さまが一年の垢を落としておられました。

私、みろく湯が大好きです。みろく湯の近くに住みたくて、今の家に引っ越してきたようなものです。横尾忠則の絵が飾ってあって、鏡はいつもぴかぴかに磨いてある。お年寄りだけでなく近所の子どもたちもよく見かけます。こんな銭湯が賑わう町に住んでいるなんて、とっても幸せなことだな~と思います。

2013年はどんな年になるでしょうか?新しい年もわくわくする気持ちを忘れずに前に向かっていきたいです。
では、みなさま、よいお年を!
[PR]
by tabicafecom | 2012-12-31 23:55 | 日常生活 | Comments(4)