ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

クリスマス会

息子の保育園でクリスマス会があった。

息子たち年少さんのクラスは
「さつまのおいも」の劇と鉄棒の足抜き周り。
年中さんは竹の開閉に合わせて踊る竹踊り
年長さんは豊作を祈る「みのり太鼓」など
クリスマスと全然関係ない内容がおもしろくて
とてもいい会だった。

こどもたちの成長に合わせて、
先生方が工夫をして下さっているのが
よくわかって、感動的だった。

私はクリスチャンではないので、
「クリスマス」に関する行事にあまり馴染めない。
小さいながらも商売をしているくせに
「クリスマス商戦」という言葉もあまり好きではない。

20年前、インドのマザーテレサの施設でボランティアをしていた時
外国人ボランティア達でクリスマスの夜
キャンドルウォークをすることになり
(ボランティアの多くはカトリックの人たち)
一緒に歩いたことがある。
でも、多くの人がヒンズー教徒のインドでは
クリスマスの夜も普段の夜と何も変わらず
街中では普通にみんなが屋台で仕事をしていた。
彼らにとってクリスマスは
自分たちと全く関係ない異教徒のイベント
という雰囲気が漂っていて
その横を見慣れない外国人たちがろうそくを持って歩く姿は
なんだかおかしくて、笑える光景だった。
クリスマスって、こういうものなんだな、って
若い娘だった私には強く印象に残った。

それから20年経った今
母になった私は
息子に、クリスマスはイエス・キリスト様が生まれた日なんだよ
とだけ教えておいた。
息子は
「キリスト様、早くうちに来ないかな~。そしたらクリーム食べたいな~。」
と言っていた。
前日におでかけさんで作った、
クリスマスケーキ用の豆腐クリームが食べたいらしい(笑)

でも、そのうちサンタクロースとか、クリスマスプレゼントとか
いろんな言葉を覚えてくるようになるんだろうな~。
d0272251_16305610.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2016-12-21 20:13 | 息子のこと | Comments(0)
<< 修業の旅 故障 >>