ブログトップ

旅カフェ日和

tabicafe3.exblog.jp

1歳半健診

元町の福祉センターから通知が来て、息子の一歳半健診に行ってきた。
いつも健診スムーズに終わっていたので、今回も滞りなくいくだろう。。。。と思っていたが、おっとどっこい、そうはいかなかった。

受付を済ませ、待ち時間に隣のぞうさん広場で遊ばせていたら、「保健師の説明があるから来て下さい」と言われ、息子を連れていこうとしたら大暴れ。もっと遊びたいんだよね、ごめんね、と言いながらなんとか保健師さんの話を聞いて、身長と体重の測定の部屋へ。紙パンツ一枚にされたのが嫌だったのか、息子さらに大泣き。体重計の上でじっとしていることができなくて、パンツ一丁の息子を抱えて廊下を走り、授乳室に一時避難。おっぱいの後におやつをあげて、なんとかご機嫌さんになったものの、その後も歯科検診で口をこじ開けられたり、内科でおちんちんを念入りに調べられたりして、終始大泣きだった。

とにかくじっとしていることがないので、走っていく息子をおいかけて連れ戻す、という作業を繰り返していたら私もぐったりしてしまった。高齢出産だと、こういう時きついな。
でも、おかげさまで順調に成長しているとのことで、ほっとひと安心。予防接種のことで何か言われるかな、と思ったけど、若い保健師さんだったのであまりしつこく追及されなかった。
1歳半健診で歯にフッ素塗布されるよ、と噂で聞いていたので
「フッ素塗らないで下さい」と言ったら
「塗りませんけど、どうして?」
「フッ素が嫌なんです」
「ああ、そうですか」
だけで終わった。
岡部賢二さんの講演で「フッ素は猛毒」という話を聞いていなかったら、フッ素に対して何の疑問も持たなかっただろうな。

ぐったりしている私にお隣に座った女性が
「男の子って、じっとしてないから大変ですよね。私も上の子が男なので健診の時大変でした」
と優しい言葉をかけてくれた。

息子のおもちゃに、と持っていったカメラ。息子には不人気だったけど、保健師さんや他のお母さんたちにはなかなか好評だった。
d0272251_15472916.jpg

[PR]
by tabicafecom | 2014-10-06 15:53 | 息子のこと | Comments(2)
Commented by カズ at 2014-10-14 16:03 x
一才半のこどもがじっとしている方が不思議ですよ!(笑)何をされるのか不安になり、泣くのも自然です!

ワクチンやフッ素は必要ありません。
私もなんだか嫌だなと気がついた時にはすでに遅しでした。母子手帳を見てげんなりです。
ワクチンを打ったあとに特発性血小板紫斑病にかかった娘。その時は風邪でゆっくり休ませなかったのが原因だと思っていましたが、今調べたら、ワクチンが原因だと思います。

自然治癒力を高めるのが一番ですね。

Commented by tabicafecom at 2014-11-23 13:58
カズさん、ありがとうございます。
そうでしたか、娘さん、大変でしたね。。。。私は周囲にワクチンを打たない選択をしている親が多いので、自然と自分もそうなりました。ワクチンよりも自然の免疫が一番ですからね。
カズさんのお言葉、心強いです。いつもありがとうございます。
<< 妊婦さん 2014年10月の出店予定 >>